音楽には物語がある(13)キマっている歌 中央公論2019年12月

 石原慎太郎が作詞し、山本直純が曲をつけた「さあ太陽を呼んでこい」という

歌があり、少年合唱曲として「みんなのうた」で一九六三年に放送された。「太

陽の季節」の石原だから、朝がた、太陽を呼び迎える歌になったのだろう。人生

の比喩になっているとするのが一般的な解釈らしい。

 私は中学生のころにこの歌を聴いて、いい歌だと思ったが、聴いたことがある

ような気もした。しかしだんだん、この歌詞にこの曲というのはあまりにピッタ

リではないか、と思い、しまいには、何やらもともとこの世に存在したものを掘

り出してきたような歌だと思うようになった。音楽としてすばらしい、というよ

り、こういう歌はあってしかるべし、という感じがしたのである。

 この感じは何とも不思議である。世の中にはこれとは逆の、歌詞に無理やり曲

をつけたように感じられる歌というのもある。しかしまた、クラシックや歌謡曲

で、この「キマった感じ」を感じたことはないのである。

 ほかにそれを感じたのは、「風雲ライオン丸」(一九七三)のエンディングテ

ーマ「行くぞ!ライオン丸」(作詞:中村しのぶ、作曲・編曲:和田昭治、歌:

和田昭治とヤングエコーズ)と、「ジャイアントロボ」(一九六七ー六八)のエ

ンディングに歌詞をつけた「ジャイアントロボ・ソング」(作詞:少年サンデー編

集部 / 補作詞・作曲:山下毅雄 / 歌:マイスタージンガー)なのである。

 いずれも、私が子供のころ観ていた特撮番組のエンディングで、こんなことを

書いていると頭がおかしいか幼児退行しているんじゃないかと思われるかもしれ

ない。なお「ジャイアントロボ」のほうは、当時はインストゥルメンタルしか聴

けておらず、あとになって歌詞つきのを聴いてそう思った。

 音楽の専門家にこれらの曲を聴かせれば、ああそういうことね、と解説してく

れるかもしれないし、実際解説してほしくもある。

 「ライオン丸」の方は、作品自体が西部劇のパロディで幌馬車で旅をしながら

悪と戦う体裁だったから、歌もカントリー風で、それがあるパターンにぴたりと

はまっている。「ジャイアントロボ」の方は分からないがこれも何かのパターン

なのだろう。

 モーツァルト風の曲というのは、たいていの作曲家が作れるようで、一九七七

年頃、NHKラジオ第二放送で流れていた「高等学校実力養成講座 国語」のエンデ

ィングに、みごとなモーツァルト風名曲があった。だが世間ではこういうのを名

曲と言ったりはしないのだ。あるパターンをうまくなぞっただけの、「芸術家」よ

り「技術家(アルティザン)」的な仕事としか思われない。たまたま私がそれに感

心しているだけなのである。

 ところで、最近時おり、文学作品について「完璧な作品」といった誉め言葉を

見ることがある。谷崎潤一郎の「春琴抄」など、そんな風に言われることがある。

しかし私は別に「春琴抄」が完璧だなどとは思わないし、いかなる優れた文学作

品にも「完璧」などという形容が適切だとは思わない。もっとも、浅田次郎の「l

ove letter」などは、先に音楽について言ったような意味でキマっている作品かも

しれない。最近の宣伝的書評などで小説を「完璧」などと評しているのを見ると、

二重の意味で苦笑してしまうのだ。