音楽には物語がある(5)旅立ちの日に 

 「仰げば尊し」に代わって、卒業式でよく歌われている歌、として「旅立ちの
日に」が紹介されたのをテレビで観たのが最初だったろうか。この歌は一九九一
年に、埼玉県秩父市立影森中学校の校長と音楽教員が作ったという。校長・小嶋
登は「歌声の響く学校」を目標としており、当時まだ若い音楽教師の坂本浩美(
現・高橋浩美)が作曲したという。坂本が小嶋に作詞を依頼し、小嶋はとてもで
きないと言ったのだが、翌日、坂本の机の上に歌詞が載っており、坂本は音楽室
にこもると、湧き出るように旋律が思い浮かび、十五分ほどで作曲したという。
 聴いてみると、なるほどいい曲である。私は海上自衛隊の歌姫と言われる三宅由
佳莉が歌ったDVDを購入したこともある。
 小嶋は二〇一一年に八〇歳で死去した。だが、坂本はそれで作曲家デビューした
わけではないし、その後結婚して今も学校教師なのだろう。「旅立ちの日に」は、
いちおう名曲といっていいが、それを一介の中学校教師が作ったということに驚
きもあるが、作詞のほうは、まあ、札幌オリンピックのテーマ曲「虹と雪のバラ
ード」を医師の河邨文一郎が作詞しているが、この人は何冊も詩集のある詩人で
ある。まあ作詞はいいとして、素人に作曲ができるものだろうか、というある問
題が私には引っかかっている。
 私は高校生の時に、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲に感動して、「音
楽に目覚め」、先ごろ死去した前田憲男の『作曲入門』というペーパーバックを
買ってきたことがあるが、まあ役には立たなかった。この役に立たない感じとい
うのは、「漫画の描き方」とか「小説作法」のような本に通じるものがある。
 その後私はオペラの研究をしようなどと大それたことを考えて、和声学の本な
どまじめに読んだのだが、和声学の本を読んで音楽が分かるわけではないし、作
曲ができるわけではない。
 ある歌手が作曲をし、採譜ができないから人にやってもらった、という話もあ
る。編曲やオーケストレーションは、和声の知識がないとできないが、単旋律の
メロディーなら実は誰でも作れる可能性がある。シンガーソングライターはもち
ろん、駅前でバンドを組んで歌っている連中だって作曲はしている。だいたいは
ピアノやギターを弾きながら考えるのだろうが、それすらできない者もいる。小
説や漫画も、本に書いてあるのは周辺の技術で、私小説はともかくとして、肝心
の「筋」を作る手法は、当人に才能がなければ教えることはできないのだ。
 ただし、そうやって作った曲がどの程度完成度が高く、また独自性を持ってい
るかが問題なので、十六歳の小坂明子が作った「あなた」は大ヒットしたが、「
マイ・ウェイ」と進行が似ていると言われたし、「旅立ちの日に」も、「翼をく
ださい」のような感じの曲で、ポピュラー・ソングのある手法でうまく作ったと
いうことだろう。現代の作曲家なら、誰でもモーツァルト風の曲は作れる。
 以前はNHKに「あなたのメロディー」という視聴者参加番組があり、「空よ」
「与作」「算数チャチャチャ」「わた

しは「とうふ」です」などの名曲が生まれ
たもので、つまりメロディーは素人でもある程度の才能があれば作れるのだ。
 代作問題で知られた佐村河内守は、森達也ドキュメンタリー映画「フェイク
」で、森に示唆されて作曲を試みていた。音楽関係者は、凡庸な曲、と言っていた
けれど、私はわりあい素直に「あ、作れるんだ」と思ったものである。
 そういえば私の好きな女性落語家の川柳つくしも、ウクレレを弾きながらうな
ぎソングを作っていた。まあ鼻歌で作曲する人もいるらしいし、私自身、子供の
ころに二曲、大人になってから一曲、今でも覚えているくだらない歌を作ったこ
とがある。