音楽には物語がある(2)現代詩 中央公論2019年2月

 小学校高学年の頃、音楽室から合唱曲が聞こえて来ていた。大人になって、あ
れはいい曲だったなあと思って探したら、子供用合唱曲「トランペット吹きながら」
であることがすぐに分かり、それの入ったLPを買った。作詞は詩人の中村千栄
子、作曲は湯山昭で、改めてすばらしい曲だと思ってくり返し聴いたものだ。こ
れは一九七二年にNHKの「みんなのうた」で放送されたもので、歌詞が「ふる
さと SL マンモスの牙」と、特に関連のない単語を並べたものから始まる、
いわば「現代詩」的なもので、私は特に現代詩が好きなわけではないのだが、適
切な曲がつくと現代詩はいいものだと思った。
 現代詩的な歌詞といえば、小椋佳の「さらば青春」などは、現代詩を広めるの
に功績のあった一般曲だろう。これも、田中健が歌って「みんなのうた」で放送
されたのが一九七五年だが、これは一九七一年に小椋が出したシングル「しおさ
いの詩」のB面である。
 私の年代だと、アニメや特撮など子供番組の主題歌が、はっきりその内容に関
連づけられたものから、抽象的なものに変化していく過程を経験している。NH
K制作のアニメでいえば、「未来少年コナン」(一九七八)が最初だが、「太陽
の子エステバン」(一九八二)あたりではまだ内容と関連づけられてはいるが独
立しても使える歌になっていた。
 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(一九九五)の主題歌「残酷な天使のテ
ーゼ」は有名な曲だが、その詞の内容は難解だとされている。しかしこれは、一
応ぼんやりと「少年」をイメージして、それらしい言葉を並べただけである。
 ドラマやアニメの主題歌で、内容とほとんど関係のない歌詞のものが出てきて
広まったのは一九七○年代後半だと私は考えている。むろんぼんやりと内容に関
連づけてはある。そのはしりは、NHKの少年ドラマ「まぼろしのペンフレンド
(一九七四)ではないかと思う。その後も、少年ドラマの眉村卓や光瀬竜原作の
SFものにこれが目立った。眉村の「ねらわれた学園」などを原作とする「未来
からの挑戦」(一九七七)の主題歌などは、「青春讃歌」の恋の歌みたいな内容
とはほぼ関係のないものだった。
 たまたま私が耳にした中では、一九八〇年の夏に、昼の帯ドラマとして放送さ
れた「愛の陽炎」の主題歌で、なぜこれを観ていたかというと、原作が川端康成
の『山の音』だったからだが、時代は現代に置き換えられていて原作とはまるで
別ものだったが、「煙草の煙の糸が心の乱れ教える」で始まる、なかやまて由紀が歌うその主題歌は、それこそただそれらしい言葉を並べただけの、「トランペット吹きながら」や「さらば青春」のような現代詩にはてんでなっていないものだった。同じ年にNHKで放送されていた司馬遼太郎原作の『風神の門』は、霧隠才蔵を主人公としたア
クション時代劇だが、この主題歌を当時「大都会」がヒットしていたクリスタル
キングが歌った。「時間差」という題で、二人の男のライバル関係を「大都会」風
に歌ったもので、しかし「俺は今日から孤独な旅人振り向く余裕もなくしたふり
をする」とか、なんで「ふりをする」なのか、妙に分からない歌詞だった。曲は
池辺晋一郎だが、作詞は阿里そのみという、「大都会」のB面「時流」を作詞し
た人である。
 ほかにも「ガンダム」でヒットした富野由悠季のアニメ「聖戦士ダンバイン
の挿入歌で、アイドル歌手の小出広美が歌った「水色の輝き」(三浦徳子作詞)
なども意味不明だった。とはいえ、歌手が独立した曲として歌う歌の歌詞にはさ
ほど変なものはなかったから、ドラマ・アニメ主題歌の世界で、ある種の言語実
験が行われていたということだろうか。