「パッセンジャー」(モルテン・ ティルドゥム)中央公論2018年9月

 特撮ドラマ「シルバー仮面」の最終回が、アンドロメダ星雲からやってき
て死んでしまった女の赤ん坊を帰すため、春日兄弟が光子ロケットで往復六
十年かけてアンドロメダへ行くために出発するという話だった。一九七二年
の放送だから、帰ってくるのは二〇三二年でまだ先のことだ。しかし春日兄
弟は六十年も生きていられないので、甥の男の子と、岸田森の娘の二人の子
供を同乗させる。つまり帰還できるのはぎりぎりこの二人ないしその子供と
いうことか、と小学生の私は興奮したものだ。
 「パッセンジャー」は未来SF映画で、百二十年かけて他の星へ移住する宇宙
ロケットの中で、多くの人間が冬眠している。その中でふと目覚めた男ジム
クリス・プラット)は、自分が原因不明の機械の不調のために目ざめ、ま
だ出航して三十年しかたっていないことを知る。冬眠状態に戻るすべも分か
らない。このままでは、孤独に宇宙船の中で年老い、死んでいくことになる。
地球との連絡はとれない。恐怖に襲われたジムは、眠る乗客の中から一人の
美しい女オーロラ(ジェニファー・ローレンス)を選びだし、人為的にその
眠りを覚ましてしまう。
 ほかに話し相手といえば、バーにいるロボットのバーテンダーだけだが、
もう一人、ロケット管理をしている者が目覚め、宇宙船の不具合を三人で修
正するというアクションシーンがあるが、残る一人は死んでしまい、男女が
また残される。ロボットのバーテンダーが勘違いから口を滑らせたため、ジ
ムが意図的に自分を目覚めさせたと知ったオーロラは怒り狂い、二人の関係
は険悪になる・・・。
 ロマンティックな娯楽SF映画で、いいと思うが、ヒロインのジェニファー・
ローレンスが、美人に見えるけれど、怒った時の顔があまり美しくない。ち
ょっと破調の美人なのである。しかしそれもまたこのロマンティックSFの
微妙な隠し味めいていてよかろうと思う。とはいえ、科学が進歩しているわ
りに妙な不具合が生じるものだ、とも思わないでもない。