さやか

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」(藤原敏行)という歌でも分かるとおり「さやか」というのは「明らかに、はっきりと」という意味である。しかし「みんなのうた」の「君はビーナス」(1981年)の最初は「風さやかビルの街にレモンの香りふりまく人」となっていて、どうも「さわやか」の意味で使われている。私も最近まで変だとも思わなかった。(追記・さわやかの意味もあるらしい。作詞の方失礼しました)