書店で、佐藤優『知の読書術』(集英社インターナショナル、知のトレッキング叢書)のあとがきを見たら、「佐藤眞、本川浩史両氏に感謝」とかあったから、やっぱりなあ。佐藤眞の黒幕は言論封殺魔(旧ロシヤのスパイ)であったかと。おそらく両佐藤の関係は私の企画を佐藤がつぶしに来る前からで、別に優が指示したとは思わんが、裁判の中でも決してつぶした理由は言わない集英社インターの中で、なんで取締役でもない佐藤眞がそんなに権力を持っているのか知らんが、それじゃ理由は言えないわな、と思った。タグ合体!
 佐藤は大田昌秀との対談本で、沖縄自決裁判は大江健三郎が正しいとか言っていて、柄谷行人みたいに大江も転がせると思ったのかしれないが大江はこんな右翼は相手にしなかった。

 集英社インターナショナル相手の訴訟だがなかなかひどいことになっている。そもそも企画は「知のトレッキング叢書」の一つとして始まったのだが、四月十八日に弥生という店で鬼木真人、田中伊織、福田香代子と会食した際に、おそらく鬼木と福田から、叢書ではなく一般の単行本として出ることになった、と私は告げられている。ところが被告は、それが決まったのはそれ以後だと言うのである。だが、それ以後の被告側と私のやりとりについては、双方争いはあまりなく、メールや、決裂後に鬼木がよこした内容証明でほぼ証明されているのだが、そのどれを見ても、それ以後、私に通告したという形跡はない。一体今後、どうやって私に伝えたと強弁するつもりなのだろうか。
 さらに被告側は、最初の企画はいったん没になったと強弁するのだが、そんなことは私は伝えられていないのである。したがって被告は、準備書面の文面から推すに(推すしかないのだが)、言っていないことを私が察するべきだったと言っているらしいのである。
 次に、最後に佐藤眞と会って決裂した会話を被告側が今回再現してきたのだが、佐藤は私に『聖女たちのアメリカ』のような文学論を書いてほしいと言ったとある。私はそんな本、書いたことがない。おそらくは『聖母のいない国』のことだろうが、佐藤が話したことを弁護士が書いたのだとしたら、佐藤はそもそも『聖母のいない国』などまったく読んでいない。だいたい佐藤の目的は、当初から企画を潰すことにあったのだから、読むはずがない。さらに弁護士も、確認すらしなかったということになるから、間抜けも甚だしい。相手方弁護士は「骨董通り法律事務所」の桑野雄一郎だが、こういうのは著作権的にはどうなんですかねえ福井健策先生、と訊きたくなる。
 さらに、私はその時、じゃあ小説を出してくれませんかと戯れに言ったのだが、書面ではわざわざ、佐藤は「悲望」のような小説を優れていると思うが現在小説の出せる体制ではない、と言ったことになっているが、これも嘘である。佐藤は私の小説など読んだこともないはずで、「悲望」などという固有名はまったく出ていない。
 さらに、この会談では、私が一貫して「ボク」と言っていることになっているが、私が自分のことを「ボク」などと言わないことは、私を知る人ならよく知っていることで、佐藤は要するに私のことなど何も知らなかった、ということを暴露したのである。
小谷野敦

 図書館で新聞の書評欄を見ていて思い出したのだが、元週刊プレイボーイ編集長鬼木は、団鬼六から、某女性公立大学教授を
 (あっせん…)
 されたことがあったと言っていた。
 私が、
 「堀江珠喜
 と言うと、あはは、いやーと言っていたが、そりゃ団鬼六
 (あっせん…)
 する公立大学女性教授といったら、
 (堀江さん…)
 しかあるまい。もっとも鬼木は、結局電話で話しただけだったそうである。 

                                                                        • -

 『en-taxi』に載っている坪内祐三の日記がまた醜悪なものである。『探訪記者松崎天民』で日本エッセイストクラブ賞の候補になったと知らされて、なんだその賞は? などと言いつつ、自分は講談社エッセイ賞の選考委員で、エッセイストクラブ賞より格が上だと言い、講談社エッセイ賞芥川賞ならエッセイストクラブ賞は野間新人賞だ、芥川賞選考委員が野間新人賞をとるだろうか、などと書いている。そうまでして自分を偉く見せたいというのも異常なら、そういうことを書いて醜態をさらすというのも不思議だ。 
 しかしエッセイストクラブ賞は新人のための賞とうたいながら、相変わらず新人ではないのを候補にしたりしているのだなあ。

 そもそも私が最初依頼を受けたのは「知のトレッキング叢書」っていうまだ二点しか出ていないやつで、これの編集長は田中伊織だったのだ。それが神楽坂の会合の時には、単行本になっていた。それで上司が佐藤眞に変わったら激しい妨害工作に出たわけ。山崎行太郎の友達らしい。だったら叢書のほうへ戻せばよかったのに、鬼木というやつ、佐藤からバカだと言われつつ懸命に佐藤をかばっているのはどういうわけか。
http://e-days.cc/style/column/tateishi/200907/27782.php
 ガンの手術をしたというから、そのうち死ぬだろう。
 そもそも佐藤眞という、この変てこな男は何者か。
 1960年ころ福岡県生まれ。中学、高校は鹿児島ラサール。東大国語学科卒。85年ころ卒業だろうが、すぐ集英社へ入ったのかどうかは分からない。川野が生きていたら聞けたかもしれないが。
 だいたい、集英社というのは、政治的には左翼っぽいところだ。しかし佐藤は、谷沢永一に心酔していたらしく、その著作を編集している。あと小室直樹。しかし森達也も担当しているらしい。坂村健もいる。反原発運動を不快に思っているらしく、小沢一郎を支持しているらしい。私はそもそも、小沢一郎にいかなる政治的理念があるのか、今ではまったく分からないので、何ゆえ躍起になるのか分からない。 
(付記・佐藤は1983年東大卒、祥伝社に入り、のちクレスト社に移って、同社がつぶれたので集英社インターに移ったらしい。クレスト社は右翼出版社だから、谷沢永一とか小室直樹の本を作っていたのが佐藤なのであろう。)

女嫌いの平家物語 (ちくま文庫)

女嫌いの平家物語 (ちくま文庫)

古事記 いのちと勇気の湧く神話 (中公新書ラクレ)

古事記 いのちと勇気の湧く神話 (中公新書ラクレ)

 二度目の返事が来た。今度は社長名もついている。しかし佐藤眞については明らかに事実を隠蔽しきっているので、さらに質問書を出した。これは公開する。

鬼木真人殿
 本日二通目の配達証明便を受け取りました。社としての謝罪は了解しました。
 しかし、前便で私は、あなたが「佐藤と私の間のへだたり」とは何かと問うたが、これに対する答えがない。改めて回答を願う。(1)
 次に、私の本を出さないというのが社としての決定であるとあなたは言う。しかしそれはいつ決まったのか。佐藤と会ったのちあなたに電話した時、そのようなことは言っておらず、翌日になって、そのようなことを言いだした。その間に会議を開いたのか。(2)
 福田香代子が作った目次に「地政学」がないのは、佐藤のイデオロギーによる圧力によるものではないとあなたは言う。これは「イデオロギーによる」を取り去ってもなお否定されるか。ならば、神楽坂で「地政学」と自ら口にした福田が作成した目次に「地政学」がないのはなぜか。(3)
 また貴殿は、佐藤の暴言について、私がその言葉について具体的に記したのに対し、「一部が暴言として受け止められたとするならば」と書いているが、貴殿はあれを暴言だと思わないのか。それはなぜか。(4)
 以上、貴殿は十日もの猶予を与えられながら、こちらの問いを忘れてしまうらしいので、番号をふった。貴殿らにやましいことがないのであれば、1、2、3、4すべてに答えてもらいたい。
 貴社の謝罪があるならば、当方は和解するにやぶさかではない。ただしそれは、貴社が真実を述べていると当方が合理的に理解しえた時のみである。貴殿は佐藤眞が当初から私の企画をつぶそうとしていたという明瞭な事実を決して認めようとしない。真実を認めない者の謝罪には価値はない。

 集英社インターナショナルに説明を求める内容証明を送って二週間、返事らしいものが来たが、これが取締役の鬼木からである。どこにも、鬼木が代表権を持つとか、代表権者が代理人として鬼木を指定したという署名の類がない。これでは、内容証明の相手方たる集英社インターナショナルからの返事とは言えないのである。よほど私をなめているらしい。そこで再度、社ないしは代理人弁護士名で返事をよこせと内容証明を送った。 
 断っておくが、私は「謝れば許す」人間である。これまでの訴訟でも、謝っているのに提訴するなどということはしたことがない。今回は、会社あるいは佐藤眞の謝罪があれば、私は提訴しなくてもいいのだ。この回答は、社としては謝罪する気はない、という意思の表明だと、私は受け取った。