読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗白鳥全集(福武書店)

第1巻寂寞,破調平調,二階の窓,旧友,近松会,醜婦,塵埃,幕間,我が兄,批評家,独立心,安心,妖怪画,好人物,久さん,離別,老人,空想家,株虹,何処へ,玉突屋,六号記事,五月幟,彼れの一日,村塾,世間並,凄い眼,新薬師寺,故郷より,二家族,明日,命の綱,閑明,地獄,最初の記…

東大博士論文一覧(駒場2)

2005年 〇大東和重(1974-、関西学院大教授)『文学の誕生』講談社選書メチエ 2006 △陳岡めぐみ(1971- 西洋美術館主任研究員)『市場のための紙上美術館―19世紀フランス、画商たちの複製イメージ戦略』三元社、2009 渋沢クローデル特別賞 〇井上貴子(195…

東大博士論文一覧(5)

2010年 △木村直樹(1971- 長崎大教授)『幕藩制国家と東アジア世界』吉川弘文館、2009 △岸貴介(たかゆき、1974? 星城大准教授)ニーチェ哲学研究-「根本的に健康である」ことに基づく、最良の生存の追求 〇木田直人(1973- 首都大准教授)『ものはなぜ…

東大博士論文一覧(4)

2006年度 ■課程博士 ×青山由美子 11・12世紀におけるフランドル伯の尚書部 △安部聡一郎(金沢大准教授)後漢末士大夫像の構成過程からみた魏晉貴族制の形成 △新井重行(宮内庁書陵部研究員)日本古代の力役編成と地方社会の研究 ○有富純也(1974- 成蹊大准…

東大博士論文一覧(2、)

●1995 ●辻惟雄(1932- 東大名誉教授)『戦国時代狩野派の研究 狩野元信を中心として』吉川弘文館、1994 ●松本宣郎 ノリオ(1944- 東北大名誉教授、東北学院大学長)『キリスト教徒大迫害の研究』南窓社、1991 ○中井章子(1948- アヤコ 青短教授)『ノ…

司馬遼太郎著作年譜

司馬遼太郎(1923-96) 1955年9月 福田定一「名言随筆サラリーマン」六月社 321956年5月「ペルシアの幻術師」 講談倶楽部 33歳1957年5月「戈壁の匈奴」 近代説話 34歳 12月「兜率天の巡礼」 〃1958年1月「伊賀源と色仙人」 小説倶楽部 35歳 4月-59年2月…

新書一覧

〇岩波新書 1938- 2000冊以上角川新書 1948-70 229冊哲学新書 雄山閣 1948-49 15冊アテネ新書 弘文堂 1949-71 126冊学燈新書 1949-57 10冊法蔵新書 1949-57 7冊みすず新書 1950 10冊入門新書 川津書店 1950-60 66冊学習研究新書 山海堂 1951-53 26冊三笠新…

文庫一覧

1927 岩波文庫 1929 改造文庫(-1944) 1937 博文館文庫(-1944) 1947 新潮文庫 1948 アテネ文庫(弘文堂、-1949) 1949 角川文庫 1951 創元文庫(-1954) 三笠文庫(-1956) 現代教養文庫(社会思想研究会出版部→社会思想社、-2002) 学燈文庫(-1989) 19…

東大博士論文一覧(3)

●2004 △川島堅二(1958‐、恵泉女学園大教授)『F.シュライアマハーにおける弁証法的思考の形成』本の風景社、2005 〇千葉敏之(1967-、東京外大准教授)複製された神聖王権 国家形成期ポーランドとオットー朝ドイツ △国武貞克(奈良文化財研究所)石材…

東大博士論文一覧(駒場文系1)

1990 ●杉田英明(1957‐、東大教授)『事物の声 絵画の詩 アラブペルシャ文学のなかのイスラム美術』平凡社、1993 サントリー学芸賞 1991年 〇張競(1954‐、明大教授)『近代中国と「恋愛」の発見』岩波、1995 サントリー学芸賞 〇佐伯順子(1961‐、同志社大…

東大博士論文一覧(1)

1990年以降、東大の人文系で博士号をとった人の一覧です。物故者、日本に残らなかった外国人は除いてあります。●は東大、早慶の教員ないしはどこかの名誉教授、○は首都圏および京阪神のまともな大学、旧帝大の教員、△はその他の大学の専任、および助教、特任…

東大文学部白書

上野千鶴子が『家父長制と資本制』で博士号をとったと思っている人がいたようだ。私も、数年前まで誤解していた。上野さんは、日本でもドイツでも博士号はとっていません(後記:2013年「ケアの社会学」で東大博士)。沼野充義先生もとっていません。ハーヴ…

駒場白書

(2017年更新版) 好評なので(?)駒場のほうもやってみました。もっとも、博士号のあるなし以上に、あまりに高齢化しているので驚きました。何しろ、70年代生まれが4人くらいしかいません。今は総合文化研究科の所属で表示されるのが普通なので、めったに見…

「新人小説月評」担当者一覧

「新人小説月評」担当者一覧 編集 1994年下期 川村湊、富岡幸一郎 1995年上期 清水良典、芳川泰久 1995年下期 スガ秀実、★三枝和子 1996年上期 菅野昭正、室井光広 1996年下期 ★松原新一、中条省平 1997年上期 渡部直己、大杉重男 1997年下期 松本道介、東浩…

丸谷才一作品年譜

1952年 「エホバの顔を避けて」 秩序 27歳 5月 訳『不良少年』グリーン 筑摩書房 11月 <追われる男・愛する女--グレアム・グリーンについて> 英語研究 1953年3 <エンターテインメントとは何か--グレアム・グリーンの方法> 近代文学 28 7 <グレアム・…

『群像』創作合評一覧

群像創作合評一覧 編集 『群像』の三人でやる「創作合評」は、1949年から三か月交代が定着し、74-75年と2003年になくなったが再開して今日に至っている。だいたい純文学作家と批評家が中心だが、最近では文学外の人材、ないし翻訳家なども入るようになってい…

筒井康隆作品書誌

筒井康隆(1934年- ) 1960年 25歳 8月「お助け」 宝石 1961年 26歳 1月「環状線」宇宙塵 10月「廃墟」宝石 1962年 27歳 1月「きつね」「訪問者」(ユミコちゃん)ヒッチコック・マガジン 1-6月(ショートショート)科学朝日 1963年 28歳 1月「ある罪悪感…

大江健三郎年譜

1850年 曾祖父・八三郎生まれる。 1855年(安政2)内ノ子騒動 1866年(慶應2)奥福騒動 1894年(明治27)父・好太郎生まれる。祖母はフデ。 1902年(明治35)母・小石生まれる。 1914年(大正3)20歳の父と12歳の母が結婚。 1919年(大正8)祖父この頃死…