ディケンズは困る

『デヴィッド・コパフィールド』をジョージ・キューカーが1935年に映画化した「孤児ダビド物語」を観た。この邦題もすごいが、まあつまらなかった。

 ディケンズは『荒涼館』が傑作で、「クリスマス・キャロル」と『オリヴァー・トウィスト』が通俗的な意味で面白いのだが、自伝的作品と言われ、モームが世界の十大小説に入れた『コパフィールド』とか、『二都物語』とか『大いなる遺産』とか、日本で有名なものが存外つまらない。

 そのつまらなさはモームにも通じるものがあって、「面白いが通俗だ」と言われたりするが、いやつまらないのである。

 英文学では、18世紀のスウィフトやフィールディングは面白いのに、ディケンズはフィールディングをヴィクトリア朝風に上品にした分つまらなくなっている。私が高校生のころは新潮文庫に「コパフィールド」「二都」「遺産」が揃っていて、読んで辟易した。岩波文庫で出た「コパフィールド」の新訳も品切れだが、「二都」は最近光文社と新潮文庫で新訳が出ている。何が面白いのであろうか。

「利根大堰」の謎

子供のころ、一家四人で「大利根堰」というところへピクニックに行ったことがある。父のトランジスタラジオから左卜全の「老人と子供のポルカ」が流れていたのを覚えているから、1970年の4月ころだろう。私は小学校二年生で、弟は三歳になる前だった。私は父のバイクに、弟は母の自転車に乗って川のところまで行った。

 しかし利根大堰というのは群馬県と埼玉県の境にあり、のち埼玉県から社会科見学で行ったのかもしれず、それと混同しているらしい。母は自転車なのだから、一時間くらいで着くはずで、果たして利根川だったかも疑わしい。いったいどこへ行ったのか、今となっては尋ねる相手もない。

さやか

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」(藤原敏行)という歌でも分かるとおり「さやか」というのは「明らかに、はっきりと」という意味である。しかし「みんなのうた」の「君はビーナス」(1981年)の最初は「風さやかビルの街にレモンの香りふりまく人」となっていて、どうも「さわやか」の意味で使われている。私も最近まで変だとも思わなかった。(追記・さわやかの意味もあるらしい。作詞の方失礼しました)

『諸君!』と『新潮45』

『諸君!』最後の編集長だった人の本が草思社から送られてきた。『諸君!』は末期にはくだらないウヨ雑誌になっていたという坪内祐三の言を否定しているのだが、私も坪内に同意する。この編集長は禁煙ファシストらしく、私は割と不快な目に遭わされて、電話でどなりつけたこともある。

 『諸君!』は末期以前には、イデオロギーと特に関係ない記事や、浅田彰上野千鶴子の書いたものも載せていたのだが、末期にはウヨ記事ばかりになっていた。『新潮45』も、ナオミのモデルとか里見弴最後の愛人の手記とかも載せる半文藝雑誌だったのが、末期にはウヨ雑誌と化していた。

 『諸君!』でひどかったのは、記事のタイトルを著者に知らせないことで、私も雑誌が来て初めて珍妙なタイトルに驚いたりしたのだが、坪内もそうだと言っていた。著者に断りなくタイトルを変えるのは著作権法違反であるから、この雑誌は日常的にそれをやっていたことになる。イデオロギー以前にそういうところがクソ雑誌たるゆえんではないのか。

小谷野敦

 

まいボコ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51HZv-pQHsL._SL75_.jpg

山下泰平『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本

というのが柏書房から送られてきた。パラパラっと見たところ、日本近代文学史の盲点を突く著作だと思ったので、編集者にもそう伝えた。

 しかし腰を据えて最初から読んでいくと、明治期娯楽小説という、国会図書館デジタルで読めるものを読み倒して紹介している本だが、著者が「狂っている」とか「おかしい」がゆえに「面白い」と繰り返しているのが、どうもだんだん、私の中では「単にくだらない」に変わっていって、途中から「面白い」と言われると白けるようになってしまい、やはり忘れられるだけのことはあったんだな、と思うようになってしまった。著者は当時の時代背景などよく知っているようで、正体不明だがまあ日本近代文学の研究をしてきた人であろう。売れているようだし、まあいいのではないか。

 あと引っかかったのが、当時は人気があったかのように書かれており、立川文庫などはそうだろうが、それ以外については売れたというデータがあまりない。続編が出ているから人気があったのだろう、とは分かるが、当時読んだ人の感想などもない。一般大衆が読んでいたから、でもあろうが。人気があったのだろうか。

 

 

 

 

映画「ドリトル先生不思議な旅」について

 うちでは夫婦して映画「ドリトル先生不思議な旅」(リチャード・フライシャー監督)のファンである。しかし私はもっぱら、NHKで放送されていた宝田明が吹替したもののファンである。原典ではレックス・ハリソンは歌のところではほとんど歌っていないのだが、宝田はちゃんと歌っている。

そして私はNHK吹替版を録画しておいたのだが、2007年に掛けようとしたらブチっとテープが切れてしまった。修理に出せばよかったのに、市販されているDVDに同じものが入っていると思い込んで捨ててしまったのは痛恨の極みである。

だが1977年に放送された際、吹替の音楽部分を録音しておいたのが残っていたため最近you tube にあげておいた。

ところでサーカス団にいたアザラシのソフィーが、北極海にいる夫を恋しがって病気になっているので、ドリトル先生が海へ帰すところは、原作『ドリトル先生のサーカス』にあるのだが、途中で、宿屋へ入っていった中年の男女二人組の女のほうの服をドリトル先生が盗んでソフィーに着せるところがある。これは原作にない。ソフィーを海へ放り込んだところを見られ、殺人の罪でドリトル先生は裁判にかけられるが、服を盗まれた女性はわけあって先生を訴えない、というところがある。どうやらこの二人、不倫カップルだったので訴えられなかった、ということを妻が発見した。

さらにこの映画のヒロインのエマ(サマンサ・エッガー)は、はじめ肉売りのマシューといい雰囲気で、マシューはエマと恋をささやいたあと有頂天になって歌い踊るのだが、船で出航して島へたどり着いたところで、エマの恋の相手はなんとドリトル先生になっているのだ。

これは考えてみたら、67年の映画だから、同じレックス・ハリソンが主演した「マイ・フェア・レディ」(63)で若いフレディ(ジェレミー・ブレット、のちのシャーロック・ホームズ)が踊り狂うのにヘップバーンはハリソンにとられてしまうののパロディなんだろう。